https://developers.facebook.com/docs/plugins/

ICT産業調査室

IT/ICT産業の業績や就労環境などを調査し分析しています

3月期決算のECサービス9社 平均年収の大幅減2社が全体を引き下げ

 株式を公開しているIT/ICT関連企業のうち、3月期決算のECサービス9社について、有価証券報告書から就業者数と平均年齢、平均勤続年数、平均年収を調査した。

 単純集計の就業者数は、連結ベースは6,341人で前年同期比16.5%増だった。内訳は正規雇用が3,263人で23.2%増、非正規雇用が3,078人で10.2%増だった。

 個別・単独ベースは4,190人で12.1%増、内訳は正規雇用が2,124人で16.2%増、非正規雇用が2,066人で8.1%増だった。連結ベース、個別・単独ベースとも、正規雇用非正規雇用がほぼ半々という特徴がある。

 平均年齢は34.8歳で2016年度から1.4歳増えた。平均勤続年数は7.40年で、2016年度から0.81年(10か月)増えた。平均年収は546万6,699円で23万8,315円減少した。

 平均年収が増加したのは5社で、1社平均の増減額は7万5,039円の減少となっている。シュッピンが49万3,720円、オイシックスドット大地が30万8,000円の大幅増だったが、クルーズの平均年収が62万1,000円、スタートトゥデイの67万9,000円の大幅減が全体を引き下げた。