https://developers.facebook.com/docs/plugins/

ICT産業調査室

IT/ICT産業の業績や就労環境などを調査し分析しています

2018年9月中間期決算 《ネット系》101社

ASP:42社

 集計対象企業は3社増の42社だった。

 2018年に入っての新規上場はイオレ(証券番号2334)、ジーニー(6562)、ビープラッツ(4381)、プロパティデータバンク(4389)、ライトアップ(6580)、ZUU(4387)の6社だったが、このうち、上場廃止はイオレ、ジーニーの2社は2017年9月中間期業績を公表している。またFRACTALE(旧社名「セブンシーズホールディングス」)が業態転換で集計対象から外れたことによっている。

 42社の売上高は△6.1%の1兆1,289億62百万円、営業利益は▼10,2%の1,959億11百万円、経常利益は▼11.8%の2,012億27百万円、純利益は▼13.0%の1,357億04百万円だった。

 2017年9月中間期と連続比較できる38社の業績を集計すると、売上高は△5.8%の1兆1,059億65百万円、営業利益は▼10.2%の1,951億49百万円、経常利益は▼11.8%の2,005億20百万円、純利益は▼13.0%の1,354億19百万円だった。

 38社の就業者数は△2.8%の5万6,105人、平均年齢は増減ナシの35.1歳、平均年収は▼1.2千円の673.53万円だった。

 1人当たり業績は売上高が△2.8%の1971.2万円、営業利益が▼12.7%の347.8万円、経常利益が▼14.3%の357.4万円、純利益が▼15.4%の241.4万円だった。

 営業利益率は▼3.2ポイントの17.6%、純利益率は▼2.7ポイントの12.2%だった。

営業支援・マーケティング:14社

 ASPサービスのうち「営業支援・マーケティング」14社に絞ると、売上高は△15.0%の1,223億49百万円、営業利益は▼0.2%の295億55百万円、経常利益は▼0.5%の295億82百万円、純利益は▼3.9%の188億55百万円だった。

 2017年9月中間期と連続比較できる13社の業績を集計すると、売上高は△14.5%の1,217億26百万円、営業利益は▼0.8%の294億52百万円、経常利益は▼1.0%の294億94百万円、純利益は▼3.9%の188億06百万円だった。

 13社の就業者数は△2.1%の1万2093人、平均年齢は▼0.1歳の34.6歳、平均年収は▼52.1千円の579.93万円だった。

 1人当たり業績は売上高が△12.2%の1006.6万円、営業利益が▼2.9%の243.5万円、経常利益が▼3.1%の243.9万円、純利益が▼5.9%の155.5万円だった。

 営業利益率は▼3.7ポイントの24.2%、純利益率は▼1.4ポイントの12.4%だった。

ネットゲーム:6社

 ASPサービスのうち「ネットゲーム」6社に絞ると、売上高は△0.1%の4,870億09百万円、営業利益は▼11.0%の803億66百万円、経常利益は▼8.5%の857億20百万円、純利益は▼10.0%の603億10百万円だった。

 就業者数は△0.6%の2万2,193人、平均年齢は▼増減ナシの34.1歳、平均年収は△3.1千円の721.44万円だった。

 1人当たり業績は売上高が▼0.4%の2194.4万円、営業利益が▼11.5%の362.1万円、経常利益が▼9.0%の386.2万円、純利益が▼10.5%の271.8万円だった。

 営業利益率は▼3.2ポイントの17.6%、純利益率は▼2.7ポイントの12.2%だった。

コンテンツ:19社

 集計対象企業は1社増1社減の19社だった。

 ログリー(証券番号6579)が新規上場し、D.A.コンソーシアムホールディングス(6534)が2018年10月付けで博報堂DTホールディングスに吸収され上場廃止となったことによっている。

 19社の売上高は▼42.2%の1,061億39百万円、営業利益は△84.9%の179億21百万円、経常利益は△84.6%の177億99百万円、純利益は△64.1%の89億18百万円だった。

 D.A.コンソーシアムホールディングスの上場廃止に伴って934億24百万円が失われたが、ユナイテッドの投資先(メルカリ)上場に伴う大幅な増益が英魚利益、経常利益、純利益を押上げた。

 2017年9月中間期と連続比較できる18社の業績を集計すると、売上高は△16.3%の1,049億77百万円、営業利益は△189.1%(2.89倍)の178億16百万円、経常利益は△186.7%(2.87倍)の177億08百万円、純利益は△155.7%(2.56倍)の88億58百万円だった。

 18社の就業者数は▼0.7%の5,171人、平均年齢は増減ナシの34.2歳、平均年収は△14.0千円の546.37万円だった。

 1人当たり業績は売上高が△17.1%の2,030.1万円、営業利益が△191.3%(2.91倍)の344.5万円、経常利益が△188.8%(2.89倍)の342.4万円、純利益が△155.7%(2.56倍)の171.3万円だった。

 営業利益率は△10.2ポイントの17.0%、純利益率は△4.6ポイントの8.4%だった。

 例外値のユナイテッドを除く17社で1人当たり業績の前年同期比を出すと、売上高は△4.1%、営業利益は△8.3%、純利益は▼73.2%となる。

 

 19社のドメイン別内訳は、「ネット広告」が6社、「情報配信」が13社となっている。ネット広告では売上高が100億円を超えているアドウェイズとユナイテッド、情報配信ではマーベラスとフェイスのウエイトが大きい。

ネット広告6社

 売上高は▼57.6%の577億09百万円(2期連続比較では△35.5%)、営業利益は△160.2%(△746.4%)の132億63百万円、経常利益は△162.4%(△747.8%)の131億75百万円、純利益は△231.9%(△1214.2%)の86億34百万円だった。

  1人当たり業績は売上高が△39.4%の2,854.1万円、営業利益が△770.7%(8.71倍)の655.9万円、経常利益が△772.1%(8.72倍)の651.6万円、純利益が△1251.9%(13.52倍)の427.0万円だった。

 営業利益率は△19.3ポイントの23.0%、純利益率は△13.5ポイントの15.0%だった。

情報配信13社

 売上高は△1.6%の484億30百万円(2期連続12社の比較では▼0.9%)、営業利益は△1.4%(▼0.9%)の46億58百万円、経常利益は増減ナシ(▼1.9%)の46億24百万円、純利益は▼90.0%(▼92.1%)の2億24百万円だった。エムアップ(証券番号3661)が25億24百万円の赤字を計上したのが響いた。

  1人当たり業績は売上高が△0.8%(2期連続12社の比較では▼1.5%)の1,519.6万円、営業利益が△0.6%(▼1.5%)の144.6万円、経常利益が▼0.8%(▼2.5%)の145.1万円、純利益が▼90.1%(▼92.1%)の7.1万円だった。

 営業利益率は増減ナシの9.6%、純利益率は▼5.3ポイントの0.5%だった。

ポータル:25社

 集計対象企業は1社増の25社だった。ブティックス(証券番号9272)が新規上場したことによっている。ドメイン別内訳は「出版」が9社、「求人・求職」が7社、「通信販売」が9社となっている。

 25社の売上高は△13.6%の4492億17百万円、営業利益は△0.6%の312億76百万円、経常利益は△3.7%の338億84百万円、純利益は△0.8%の219億63百万円だった。

 2017年9月中間期と連続比較できる24社の業績前年同期比を計算すると、売上高は△13.5%、営業利益は△1.1%、経常利益は△4.2、純利益は△1.2%に補正される。

 24社の就業者数は△2.9%の2万2,663人、平均年齢は増減ナシの34.6歳、平均年収は▼16.4千円の540.05万円だった。

 1人当たり業績は売上高が△10.3%の1,979.9万円、営業利益が▼1.8%の138.6万円、経常利益が△1.2%の150.1万円、純利益が▼1.7の97.3万円だった。

 営業利益率は▼0.9ポイントの7.0%、純利益率は▼0.6ポイントの4.9%だった。

出版:9社

 売上高は△3.3%の1,684億35百万円、営業利益は△29.7%の80億58百万円、経常利益は△41.2%の93億96百万円、純利益は△44.1%の56億68百万円だった。

 就業者数は△0.6%の1万1,001人、平均年齢は増減ナシの37.5歳、平均年収は▼17.4千円の548.77万円だった。

 1人当たり業績は売上高が△2.7%の1,531.1万円、営業利益が△28.9の73.2万円、経常利益が△40.3の85.4万円、純利益が△43.2%の51.5万円だった。

 営業利益率は△1.0ポイントの4.8%、純利益率は△1.0ポイントの3.4%だった。

求人・求職:7社

 売上高は△17.7%の447億04百万円、営業利益は△25.8%の102億33百万円、経常利益は△29.6%の115億07百万円、純利益は△32.9%の81億07百万円だった。

 就業者数は△9.0%の5,679人、平均年齢は増減ナシの31.0歳、平均年収は▼19.1千円の514.76万円だった。

 1人当たり業績は売上高が△8.0%の787.2万円、営業利益が△15.5の180.2万円、経常利益が△18.9の202.6万円、純利益が△22.0%の142.8万円だった。

 営業利益率は△1.5ポイントの22.9%、純利益率は△2.0ポイントの18.1%だった。

信販売:9社

 売上高は△21.4%の2,360億78百万円、営業利益は▼22.4%の129億85百万円、経常利益は▼24.2%の129億81百万円、純利益は▼30.4%の81億88百万円だった。

 2期連続比較が可能な8社の業績前年同期比は、売上高が△21.1、営業利益が▼21.6%、経常利益が▼23.4%、純利益が▼29.6%に補正される。

 8社の就業者数は△1.8%の5,983人、平均年齢は増減ナシの34.9歳、平均年収は▼2.6千円の549.35万円だった。

 1人当たり業績は売上高が△19.0%の3,937.4万円、営業利益が▼23.0の219.4万円、経常利益が▼24.7の219.3万円、純利益が▼30.9%の138.4万円だった。

 営業利益率は▼3.1ポイントの5.6%、純利益率は▼2.5ポイントの3.5%だった。

 

ネット型受託サービス:15社

 これまで《受託》「BPO」としていたサーバーホスティング、データ解析、セキュリティ監視および、不特定多数を対象にネットで業務を受発注する業態を「ネット型受託サービス」に再編した。ネット型と受託型のハイブリッドと理解していい。

 集計対象企業は増減ナシの15社だった。売上高が900億円超のインターネットイニシアティブのウエイトが大きい。

 15社の売上高は△13.9%の1,674億28百万円、営業利益は△33.4%の92億09百万円、経常利益は△20.7%の114億07百万円、純利益は△14.1%の80億85百万円だった。

 就業者数は△4.6%の7,166人、平均年齢は▼0.1歳の37.0歳、平均年収は△2.8千円の609.22万円だった。

 1人当たり業績は売上高が△8.9%の2,336.4万円、営業利益が△27.5の128.5万円、経常利益が△13.4の159.2万円、純利益が△9.1%の112.8万円だった。

 営業利益率は△0.8ポイントの5.5%、純利益率は増減ナシの4.8%だった。