https://developers.facebook.com/docs/plugins/

IT産業調査室

IT/ICT産業の業績や就労環境などを調査し分析しています

12月決算の上場IT関連103社 業態別の動き

対象は「販売」「ネット」「受託」の3業態

3月期決算については業態別・業務別の集計を行っているのだが、12月期決算は業態別の整理にとどめる。また「ハードウェア製造業」(4社)、「通信サービス業」(1社)は集計企業が少ないため、業態別集計を行わない。

製品販売業17社

▶業種別内訳 「機器販売・卸」2(うち携帯通信機器販売1)、「システム販売」5、「ソフトウェア・ライセンス販売」10となっている。

▶2018年業績 売上高は2017年比5.0%増の1兆7,685億70百万円、営業利益は3.9%増の1,285億53百万円、経常利益は4.7%増の1,328億94百万円、純利益は7.0%増の919億61百万円だった。

▶業績指標 営業利益率は7.3%で0.08ポイント低下、経常利益率は7.5%で0.03ポイント低下、純利益率は5.2%で0.09ポイント上昇した。

ネットサービス業58社

▶業種別内訳 「コンテンツ配信」10、「マーケティング」10、「BPO(業務代行)」11、「ポータル」4、「広告」7、「求人・求職サイト」1、「アミューズメント(ネットゲームなど)」5、「通販」5、「ASP(アプリケーション処理)」5となっている。

▶2018年業績 売上高は2017年比19.5%増の2兆2,643億92百万円、営業利益は7.4%増の2,900億98百万円、経常利益は6.0%増の2,666億94百万円、純利益は7.9%減の1,581億98百万円だった。

▶業績指標 営業利益率は12.8%で1.45ポイント低下、経常利益率は11.8%で1.50ポイント低下、純利益率は7.0%で2.08ポイント低下した。

受託サービス業23社

▶業種別内訳 「BSD(業務系ソフト開発」11、「ESD(エンベデッド・システム開発)」6、「システム運用管理」2、「複合サービス」3、「セキュリティ監視」1となっている。

▶2018年業績 売上高は2017年比8.6%増の5,890億46百万円、営業利益は27.6.%増の426億60百万円、経常利益は25.1%増の440億27百万円、純利益は19.2%増の277億59百万円だった。

▶業績指標 営業利益率は7.2%で1.09ポイント上昇、経常利益率は7.5%で0.99ポイント上昇、純利益率は4.7%で0.42ポイント上昇した。収益性が着実に改善している。

就業者1人当たり売上高 「ネット」は4,868万円

製品販売業17社

▶就業者総数 1.6%増の4万3,669人だった。内訳は正規雇用者数が3万8,834人で1.8%増、非正規雇用者数が4,828人で増減なしだった。単独・個別/連結比率は44.2%だった。

▶就業者1人当たり業績 売上高は4049.9万円で3.4%増、営業利益は294.4万円で2.2%増、経常利益は304.3万円で3.1%増、純利益は208.8万円で5.3%増だった。

ネットサービス業58社

▶就業者総数 1.9%増の4万6,517人だった。内訳は正規雇用者数が4万1,175人で2.1%増、非正規雇用者数が5,342人で増減なしだった。単独・個別/連結比率は41.0%だった。

▶就業者1人当たり業績 売上高は4,867.9万円で17.3%増、営業利益は623.6万円で5.4%増、経常利益は573.3万円で4.1%増、純利益は340.1万円で9.6%減だった。

受託サービス業23社

 ▶就業者総数 2.3%増の4万2898人だった。内訳は正規雇用者数が3万6896人で2.7%増、非正規雇用者数が6002人で0.5%減だった。単独・個別/連結比率は48.6%だった。

▶就業者1人当たり業績 売上高は1,373.1万円で6.1%増、営業利益は99.4万円で25.0%増、経常利益は102.6万円で22.3%増、純利益は64.7万円で16.5%増だった。

平均年齢と平均年収(参考値)

平均年齢と平均年収は、単独・個別の就業員数(正規雇用+非正規雇用)をベースにしているため、連結ベースの就業者全体の状況を示すものではない。また正確な数値は2018年12月期有価証券報告書が出そろうまで待つ必要がある(以下同様)。

全体103社

単独・個別の就業者数(正規雇用者+非正規雇用者)は3.5%増の8万7,571人だった。平均年齢は39.4歳で0.1歳上昇、平均年収は683万4,026円で7,833円減少した。

製品販売業17社

単独・個別の就業員数は2.1%増の1万9,292人だった。平均年齢は41.2歳で0.1歳低下、平均年収は752万0,440円で2万7,931円減少した。

ネットサービス業58社

単独・個別の就業員数は2.0%増の1万9,056人だった。平均年齢は34.3歳で増減なし、平均年収は587万3,317円で1万7791円減少した。

受託サービス業23社

単独・個別の就業員数は11.6%増の2万0,842人だった。平均年齢は37.5歳で0.7歳上昇、平均年収は589万9,945円で13万1,395円増加した。

2019年業績見通し

製品販売業17社

売上高は1兆8,254億80百万円で2018年比は3.2%増、営業利益は1,345億90百万円で4.7%増、経常利益は1,372億11百万円で3.2%増、純利益は944億23百万円で3.6%増だった。

ネットサービス業58社

売上高は2兆3,588億84百万円で2018年比は4.2%増、営業利益は3,008億08百万円で3.7%増、経常利益は2,803億33百万円で5.1%増、純利益は1,687億19百万円で6.7%増だった。

受託サービス業23社 

売上高は2018年比5.4%増の6,210億88百万円、営業利益は8.1%増の460億98百万円、経常利益は7.0%増の470億97百万円、純利益は8.6%増の301億50百万円だった。

 

アクセスカウンター