https://developers.facebook.com/docs/plugins/

IT産業調査室

IT/ICT産業の業績や就労環境などを調査し分析しています

上場IT関連企業656社の2018年度業績 売上高は139.4兆円

5月28日、子会社の不透明な会計処理のために大幅に遅れていたサクサホールディングス東証1部、証券番号6675)の2018年度決算が発表された。これにより株式公開のIT関連企業657社(2019年3月末現在)の2018年度通期業績が出そろった。

決算月別企業数は次のようだった(カッコ内は2018年3月末からの増減)

4月:11社/5月:13社/6月:35社/7月:13社/8月:16社(+3)/9月:49社/10月:9社/11月:8社/12月106社/1月:15社(+1)/2月:24社/3月:358社(−11) 

1社当たり売上高は4月:127億51百万円、5月:197億41百万円、6月:131億50百万円、7月:53億62百万円、8月:119億12百万円、9月:177億38百万円、10月:82億04百万円、11月:74億81百万円、12月:826億96百万円、1月:90億04百万円、2月:163億38百万円、3月:3,576億06百万円だった。3月期に大規模な企業が集中していることが分かる。

【単純集計】

売上高は139兆4,363億37百万円、本業の利益を示す営業利益は15兆0,192億75百万円、営業外収益を加えた経常利益は14兆6,370億52百万円、当期純利益は11兆0,890億20百万円だった。

【2019年度通期見通し】

売上高は2018年度比1.3%増の141兆3,013億98百万円、営業利益は1.1%増の15兆1,894億67百万円、経常利益は0.3%減の14兆5,947億18百万円、純利益は10.%減の9兆8,899億10百万円だった。ただし「変動要素が多いため」として通期見通しを公表していない77社については、2018年度実績を適用した。 

【2期連続比較】

2017年度と2018年度の2期連続比較が可能な企業は655社だった。

653社の売上高は139兆4,277億35百万円で前年同期比は2.2%増だった。営業利益は15兆0,187億68百万円で12.9%増、経常利益は14兆6,364億98百万円で13.3%増、純利益は11兆0,887億47百万円で12.5%増だった。営業利益率は10.8%で2017年度から1.0ポイント上昇、純利益率は8.0%で0.8ポイント上昇した。

【就業者数】

就業者数は457万5,816人で2017年度から8万0571人(1.8%)増加した。内訳は正規雇用が2.0%(7万9,349人)増の405万6,776人、正規雇用が0.2%(1,222人)増の51万9,040人、非正規雇用率は11.3%で2017年度から0.2ポイント低下した。

【1人当たり業績】

企業ベースの業績は就業者数やM&Aの影響を受ける。就業者1人当たりの前年同期比が実質的な業績推移となる。

1人当たり売上高は3029.5万円で0.4%増、営業利益は326.3万円で10.9%増、経常利益は318.0万円で11.3%増、純利益は240.9万円で10.5%増だった。

 

アクセスカウンター