https://developers.facebook.com/docs/plugins/

IT産業調査室

IT/ICT産業の業績や就労環境などを調査し分析しています

株式公開3月期ソフト販売40社 2期連続比較可能補正値の売上高は△6.0%

株式公開3月期IT製品販売のうち最も集計企業数が多かったのは、「ソフトウェア製品/ITライセンス販売」(ソフト販売:ゲームソフトを除く)の40社だった。

 

ASP/SaaSとの境界微妙に

海外を含む他社/自社製のソフトウェア製品やITライセンスを販売するモデルだが、ASP/SaaS、ECプラットフォームの提供などとの境界が曖昧になっている。本調査ではソフトウェアプロダクトのダウンロード販売までを対象とし、利用に応じた料金チャージ方式はASP/SaaSに分類することとした。

 

純利益△9.6%の伸び

売上高は5015億33百万円(1社当たり125億38百万円)で前年同期比は△2.3%、営業利益は671億88百万円(同16億80百万円)で△3.9%、経常利益は680億60百万円(同17億02百万円)で△4.2%、純利益は461億66百万円(同11億54百万円)で△9.5%だった。

集計企業数はエヌ・デー・ソフトウェア(東証2部)が上場を廃止したため、2018年度41社から1社減少した。そこで2期連続比較可能な40社で再集計すると、売上高の前年同期比は△6.0%、営業利益は△7.1%、経常利益は△7.3%、純利益は△12.7%に補正される。

 

1人当たり売上高は2069万円

就業員数は正規雇用が△3.2%の2万0303人(1社当たり508人)、非正規雇用が▲0.1%の3936人(同98人)、総計は△2.7%の2万4239人(同606人)だった。 1人当たり業績は、売上高が2069.1万円で△3.3%、営業利益が277.2万円で△4.3%、経常利益が280.8万円で△4.6%、純利益が190.5万円で△9.8%だった。

売上高に占める営業利益の割合(営業利益率)は13.3%で、2018年度比は△0.1ポイント、経常利益率は13.6%で△0.2ポイント、純利益率は92%で△0.5ポイントだった。

 

14社が通期見通し未確定

2020年度の通期業績見通しは40社のうち14社が「未確定」tpしている。14社について2019年度実績を適用すると、売上高は▲0.4%の4993億28百万円、営業利益は▲2.2%の656億93百万円、経常利益は▲3.2%の658億92百万円、純利益は増減ナシ(△0.0006%)だった。

アクセスカウンター